早生まれ息子との学習記録ー中学受験2023

2010年度生まれの息子との記録

Trinca(トリンカ)という四則演算ゲーム

algo(アルゴ)は有名なボードゲームですね。数字あてゲームですがルールが簡単だし、ワンゲームが短いのもとてもよいです。うちも持っています。

 

そのアルゴと同じように、ピーター・フランクルさんが共同開発しているゲームがTrinca(トリンカ)です。こちらは四則演算を使って式をつくるゲームになります。割り算も出てくるのでトリンカのほうが難易度は高め。足し算と引き算だけでゲームすることもできます。

ただこのトリンカは廃番になっていて、やりたければ中古を買うかアンドロイドアプリで遊ぶかという状況になっています(我が家はみんなiPhoneなのでアプリの詳細はわかりません)。

先日、ボードゲームの中古がメルカリに安く出ていたので手に入れることができました。

トリンカ

トリンカ

 

 

某所でトリンカゲーム大会があり、低学年だけのコースもあるということで参加申し込みをしました。最近はボードゲームカフェも増えてますね。

こうやってなんでも申し込んで体験させるから我が家は忙しい…自覚してるんですが、「これは息子がやったら楽しいかも?」と思うと止まらないのです。息子が「やるやる!!!」と言ってくれるのが救いでしょうか。

4桁の数字をバラバラにして足したり引いたり掛けたり割ったりして10を作る遊びは移動時間にやっていますが、難易度が全然違います。まずは足し算引き算のカードだけを使う方法で遊んでいます。

あとは勝っても負けても気持ちのよい態度で終わらせることを学んでほしいです。勝てば偉そうにするし、負ければ負け惜しみを言ったりするので(そして泣く)、その辺は厳しく指導していきたいと思います。気持ちはわかるけどね。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

全統小、難問易問の基準が受験者によって違う!

先日行われました全国統一小学生テスト(2017年11月)、いろんな親御さんがブログにアップされていますね。

 

情報収集もかねて学習、受験ブログを読むのが好きなのですが、あちこちのブログを回っているうちに掲題ようなことに気付きました。

ちなみに全統小成績表では正答率が低い問題に正解すると青く、正答率が高い問題が不正解だと赤く塗られます。

chuju2023.muragon.com

こちらの方のブログの三枚目の写真を見ますと、大問2-(3)が青くなっています。正解率は42.1%です。

 

 f:id:sayakajyou:20171122140916j:image

画像はうちの結果ですが、大問2-(3)は正解ですが青くなっていません。他の青い部分から、なんとなく難問と評価されるのは正答率が30%を切っている問題だと思っていました。

難問易問が絶対的評価ではなく相対的評価(その子が正解した問題のうち、正答率が低いものを青くする、赤はその逆)なので、この青赤の評価はあてにならないことがわかりました。別に悪いことはないかもしれませんが学習傾向の判断材料が一つなくなったと考えると、ちょっと残念です。

難しい問題も解けてるね! と褒めていたのですが…満点の子だったらもっと基準が厳しいのでしょうね。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

世界算数大会に申し込みました

 12/1〜12/10までの間に、web上で受けられる世界算数大会の申し込みをすませました。

入門レベルに息子、マスターレベルに夫です。

 

www.global-math.com

リンクが英語で出てしまう? でもちゃんと日本語のページもありますし、申し込みは12/10までできます。

 

次で第5回となる世界算数大会。参加及び結果告知だけの無料コースもあるのですが、事前に取り組める問題が貰える&分析結果を出してくれる&イラスト解説付きの有料スタンダードプランにしてみました。

1600円ですし、4人までエントリーできるのもよいです(でも私は受けない)。

 

週末のリトルスクールオープンテストに向けてのほんの少しの先取り(筆算、形、時間の足し算引き算etc)に忙しく、息子はまだ世界算数対策問題に取り組めていません。来週になりそうです。

家で受けられる気軽さから申し込んでみましたがどうなるかな。楽しんでくれるといいのですが。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

早稲田アカデミーからの謎の招待状

譲渡禁止とありましたが他言無用とはなかったので…。

f:id:sayakajyou:20171119172133j:image

全国統一小学生テストを受けた人に早稲田アカデミーから届いている招待状のようです。選抜基準がよくわかりませんが、自分の子供が「優秀」と書かれて悪い気のする親はあまりいませんのでうまい文句が並んでいるなと思いました。

検索しても情報はでてきません。はじめての試みなのでしょうか?

 

内容です。

f:id:sayakajyou:20171119173209j:image

早稲田アカデミーはお金を持っているなあ…という印象。会場を見ますとどうやら六本木アカデミーヒルズです。

www.roppongihills.com

 勧誘活動の一環とはいえ随分といい会場です。

かなり広い会場と思われますので、早稲田アカデミーで全統小を受けた子供(首都圏在住?)の多くが招待されていそうです。

講座への申し込みは先着となっていたので選抜なしで全員に送っている可能性もあります。

 

日程を見るとその時間はとくに予定なし。早速申し込んでおきました。どんな講座なのか、幼い息子では退屈してしまうのではないか、と不安はありますがせっかくの機会なので楽しんでこようと思います。

六本木に行くのも久しぶりなので何か美味しいものを食べたいです。

 

 

余談

封筒と招待状に書いてあった4桁の数字が、もしかしたら校舎、学年および早稲アカ内全統小順位に関係したりするのかなと邪推したり。

来年からはマンスリー講座受講資格のことも考えて四谷大塚校舎で受けようと思っていたのですが、早稲アカがこういうイベントをしてるとなると悩ましいですね。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

勉強以外もやっています

勉強の話ばかりなので「あそこのお母さん、子供に勉強ばかりさせてるのかしら…」と人に思われている気がします。

学校では息子が全国統一小学生テストを受けたと日記に書いてしまうし、勉強大好きだからクラスメイトに自慢してしまうし、本を読むのが好きだからクラスで一番読書記録をつけるために沢山読むし、教育ママだと思われてそう。

 

ただ火曜と土曜と日曜は空手の稽古(2時間)だし、木曜はスイミングスクール(1時間)に行っているし、金曜は体操教室(1時間)に行っています。

月曜日と水曜日は学校で開催されている放課後の遊び教室に参加させて、17:30くらいまで友達と校庭で遊んだり工作したりボードゲームしたりしています。

火曜のかき方教室と土曜のブロック教室はちょっと勉強っぽいかな…。

 

書いていて小学一年生には多忙すぎるスケジュールだな!?と思いましたが、勉強ばっかりさせているわけじゃないんだという情けないアピールです。

息子の基本的な寝る時間は8時半ですのでテキパキしないと何一つ終わらない…。

 

 

 

まあでもこれだけ色々やっても運動が得意なわけではないです。練習してるから普通レベル(かそのちょっと下)までできるだけ。

勉強も同じ。得意だと本人は思っていますが、練習してるからできるだけです。天才じゃないことはとっくにわかっているし、ぶっちゃけ優秀ですらありません。

それでも、勉強も運動も楽しいものだし、どちらも息子の人生を豊かにしてくれるはず。何より「練習すればできる!」と思い続けてほしいです。その頑張る気持ちがこれからも息子の力になるでしょう。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

漢字検定10級の合格証書が届きました

11月15日に発送と漢検のサイトにありましたので、そろそろ届くかなと思っていたら昨日届いていました。

 

 f:id:sayakajyou:20171119104228j:image

小ぶりの合格証書です。

 

 f:id:sayakajyou:20171119104235j:image

検定結果通知はこちら。

一問間違いで満点を逃しました。満点だと「満点賞 表彰状」がもらえるそうですが惜しかったです。

 

検定結果通知には何番目の問題を間違ったかは書かれていますが、どの漢字なのかまでは書かれていないので以前に送られてきていた標準解答と付け合わせをします。

書きとりの「虫」を間違っていました。どう間違っていたかまではわからないのですが、確かにこの字は何回か間違えたことのある苦手な字。ちゃんと復習させようと思います。

 

次回以降の漢検案内も入っていました。

2月はさすがに無理だと思うので(ギリギリ合格ではなく余裕をもって合格してほしい)、しっかり勉強させて6月に9級を受けてもらおうと思っています。

1年生10月に10級、2年生6月に9級、2年生2月に8級、3年生10月に7級…と少しずつ前倒しにしていけるのが理想なのですが、どうなることやら。

合格証書が届いたことで本人の漢字勉強のモチベーションはあがったみたいです。なので漢検を受けさせてよかったなと思っています。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

全国統一小学生テスト(2017年11月・1年生)の結果が届きました

前回のデータはこちら

borntobefree.hatenablog.com

 

今回はこちら。

f:id:sayakajyou:20171118173807j:image

 

点数が100点から150点になり、時間が一科目あたり20分から30分になり、受検者数が9963人から14150人(約1.4倍)になりました。

なので単純に考えれば順位を落とすはずですが、今回は偏差値を0.9落としたものの順位は75位あがりました。簡単な問題が多く偏差値の振れ幅が少なかったのでしょう。

 

言いたいことはいろいろありますが、まずダメ出しから。

【国語】

「十日」の読みを間違っています。これは家でやった時に一回間違っている読みなので正解しないといけない部分でした。

慣用句の意味も間違っています。慣用句・ことわざは9月くらいから勉強を始めた分野なので、これもぜひ正解してもらいたかった(勉強していることが点につながらないとモチベーションが上がらないと思います)。

読解も複数ミスあり。これはまだ「答えは本文中にある」ということをわかっておらず自分の考えで書いていることがあるためでしょう。まずは問題文から読みとることを徹底させたいと思います。

【算数】

最後の大問を落としています。一つは単純に間違い(家で再度解かせたらあっていた)で、もうひとつは時間が足りなかったために落としました。

解ける問題は見直しせずに一発正解すべきなのでじっくりしかし速やかに解いてほしい(無茶苦茶なことを言ってますね…)。そして時間配分を考えられるようになってほしいです。

最後の問題は1%の正解率なのでほとんどたどり着けていないようですが、だからこそ最後まで解いてもらわないと差がつけられません。

 

など言いつつ…6月のときも思いましたが最後の一つは捨て問という感じなので(解くのに時間がかかるのに配点が少ない)、まあできなくてもしょうがない?とは思います。今の時点では時間をかければ解ける、程度でもいいかなと。

 

 

さんざんダメだししましたが、褒める部分もある画像を。

f:id:sayakajyou:20171118173909j:image

薄く青くなっているのが「正答率が低くて正解した問題」、薄く赤くなれば「正答率が高くて不正解だった問題」となります。

息子は薄く赤くなっている部分がないのです。これは6月もそうでした。ここは大いに褒めたいと思います。これはテストです。簡単な問題を落としているようではライバルたちとは同じ土俵にも上がれません。

 

2017年6月

・全国順位→上位2.9%

都道府県別順位(東京都)→上位4.1%

・男女別順位(男)→上位3.1%

 

2017年11月

・全国順位→上位1.6%

都道府県別順位(東京都)→上位2.4%

・男女別順位(男)→上位1.8%

 

数字では偏差値や点数よりも上位何%にいるのかが気になります。

東京の優秀なお子さんたちの壁は厚い…。

しかし全体的に上がっていますので頑張ったことを存分に褒めておきました。

息子も「ぼく、よくできてるね〜」と嬉しそうだったのでよかったです。できると嬉しいよね!

 

 

月末は四谷大塚のリトルスクールオープンテストです。

全統小よりも難しいと言われるこのテストでどこまでできるのか楽しみです。2年生の先取り問題があるから難しいのかな??? 筆算くらい教えておくべきか…。

返却時は面談しないといけないようなので、せっかくですし色々聞いてこようと思います。

目下のところ気になるのはマンスリー講座の噂です。通える範囲の校舎でやっているといいのですが。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村