「こども科学センター・ハチラボ」がお気に入り

息子のお気に入りの遊び場の一つ、渋谷にある「こども科学センター・ハチラボ」に遊びに行ってきました。

www.city.shibuya.tokyo.jp

 

ハチラボのある文化総合センター大和田の中には図書館もプラネタリウムもあるので一日遊べます。朝から遊んで、その辺でご飯食べて、またハチラボに戻るのが我が家のいつものパターンです。

 

 

まずはオープン前から並んでワークショップの参加予約を取りました。

週末にいろいろなワークショップを開催してます。今回は「バーコードを使ったプログラミング」と「ミニ科学工作・アルソミトラ」に参加しました。

 

まずはプログラミングから。

 

f:id:sayakajyou:20180218175624j:image

この車型ロボットはオーストラリアの学校の授業で使われているものだそうです。

車体の底にあるセンサーでバーコードを読み取ると、そのバーコードに記載された動きをします。

・黒い線の上を走る

・障害物をよける

・黒い線の外に出ない

・黒い線の外に出ない&他の車を押しだす

の4パターンのプログラムで遊びました。

担当職員さんの、「プログラムをしてやってみて、上手くいかなかったらイライラしたり投げ出したりするんじゃなくて、また別のプログラムを試してみればいいんだよ」という言葉が印象に残っています。

これから始まる学校でのプログラミング授業もそういうことなのかもなあ。

 

 

 

 f:id:sayakajyou:20180218175835j:image

ちょうど展示が入れ替わったばかりで、「ラ・ビレット展」という展示になっていました。まだやったことのない新しい遊び道具(?)がたくさんありました。

 

f:id:sayakajyou:20180218175859j:image

息子のお気に入りは、「何回やったら端にある60点のところにボールが入るか?」という展示。あとは定番ともいえる、天秤を少ない数だけ使って一番重い玉を見つける展示も気に入っていました。

 

f:id:sayakajyou:20180218175916j:image

私は4色定理が、道具も美しくて好きです。

 

そのほかの展示(もっとたくさんあります)。

 f:id:sayakajyou:20180218175935j:image

f:id:sayakajyou:20180218175955j:image

f:id:sayakajyou:20180218180004j:image

f:id:sayakajyou:20180218180014j:image 

 f:id:sayakajyou:20180218180030j:image

f:id:sayakajyou:20180218180051j:image

f:id:sayakajyou:20180218180110j:image

 

 

f:id:sayakajyou:20180218180122j:image

このチェス盤の問題がどうしても解けず、私はここで一人時間を浪費しました。

我が家にはチェス盤がないのであとで紙とコマを用意して考えます。悔しい。

なお解答は施設内にありません。職員さんに聞くとヒントはもらえます。

 

 

最後にアルソミトラの工作。

 

アルソミトラ・マクロカルパ

風がなくても飛ぶことのできる種子を持つ植物です。この種子と同じ形を作って飛ばしてみよう、という工作でした。

本当に上から落とすだけでひらひらと遠くまで飛んでいきます。自然界はすごい。

 

 

 

とても楽しい時間を過ごせました。また別のワークショップの時に行きたいと思います。

本当に素晴らしい施設で、息子も私も夫も大のお気に入りです。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

Z会の会費シミュレーション

前回からの続きです。

borntobefree.hatenablog.com

borntobefree.hatenablog.com

 

 

 

Z会の先取りを検討、問題の難易度はなんとかなりそうと思ったので次はお金の話です。

幼小会費シミュレーション

幼児コースと小学生コースはこのサイトでシミュレーションし、そのまま申し込みをすることもできます。

 

 

我が家の2018年4月からの検討パターン(三年生講座)

※2科目は算国、4科目は算国理社とする

※小学生タブレットコースは算国理社英+総合学習のセットしかない

※【】の中は学年末まで一括払いをした際の月々の金額

 

1.小学生コース2科目【3666円】

2.小学生コース4科目【5332円】

3.小学生タブレットコース6科目【5910円】

4.中学受験コース2科目【7100円】

5.中学受験コース4科目【12200円】

 

3~5はiPadを用意することになるので、持っていない我が家はさらなる出費となります。

あと5が高い。予算オーバーです。

視力の維持という観点からタブレットじゃない学習のほうが好きなのですが、タブレットでしかできない学習もあるのでやむを得ず検討しています。

2科目だけ先取りした場合、再来年度はどうするのかという問題も残ります。再来年も2科目維持なのか、一年とばしてるのに4科目に移行するのかなど。

Z会は算国だけ4年生、理社は3年生、といったことはできません(と思ったけどアカウントを二つ作ればもしかしていけるのかな……? 割高になるのでやりませんが)。

 

 

などいくつか問題を考慮しますと、小学生コース4科目を先取りするのが一番現実的なようです。次点で小学生タブレットコース6科目。

そして再来年の3年時に4年生の小学生講座ではなく、3年生の中学受験コースに移行するプランもいい気がします。

 

これはあくまで私個人の考えなので、夫と相談し、息子にお試し教材を解いてもらってから結論を出したいと思います。もちろん何もしないという可能性も高いです。

どうなるかなあ。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

Z会のお試し教材(一年先取り)の中身を読み込む

前回の記事の続きです。

borntobefree.hatenablog.com

 

 

先日、スマイルゼミの体験会に行きました。

やるとしても先取りしたほうがいいかな?と思ってしまうくらい問題が簡単。

そこではじめて「Z会を先取りすればいいんじゃないの?」という考えに至りました。もっとはやく気付けばいいのに……。

先取りっぽいことを多少(計算と漢字など)はしていますが、学年をまるごと先取りするという考えは自分の中に全然ありませんでした。

 

 

思い立ったら即行動。すぐさまZ会に三年生用の資料を請求です。

Z会の三年生はそれまでと違い、

・小学生コース

・小学生タブレットコース

・中学受験コース

・英語専科

と用意されています。悩む余地がいっぱいあるのでお試し教材が必須でした。

 

 

 f:id:sayakajyou:20180215081454j:image

資料請求から三日で到着。

仕事が早い、ありがとうございます。

 

息子にお試し教材をやってもらう前に読み込みます。重要なのは値段と、もちろん息子がついていけるかどうかです。

小学生コースは多分問題なくできると思いました。理科と社会はいきなり知識を問うのではなく、参考書的な要素のあるワークなので習っていなくても取り組めそう。

もし息子がひっかかるとしたら国語の漢字でしょう。ただ2018年6月の漢検で9級をとるために2年生の漢字を学習しているところなので、その時には追いつくと予想。

算数も演習が十分ではない単元がありますが、そこは4月までに補えればできるようになると思いました。

また小学生コース算数ハイレベルには特殊算(植木算、つるかめ算など)の問題も出てくるとのことなので、そこも最初はひっかかるかもしれません。息子よ、特殊算に慣れてください。

 

小学生タブレットコースは内容はほぼ同じなのでレベルには特に問題ないでしょう。

 ただこっちには映像による授業→ワークの流れがあり、それは先取り学習としても魅力的だと思いました。

 

 

英語専科はとても簡単。最初はアルファベットの書きとりと発音から始まります。少しでも英語学習をしたことのあるお子さんなら必要ないレベル。

Z会オリジナル教材としてテキストをなぞると発音する音声ペンもついてくるそうです。まあそれでも、英語をろくに勉強させてない我が家でも必要ないと思いました。

英語については引き続きRaz-kidsと市販のフォニックス教材で進めていこうと思いました。あと最近NHKラジオも聞いています。

 

 

悩ましいのは中学受験コースです。確かにちょっと難しい……。

なんといいますか「子供にもわかりやすい問題の出し方」を卒業して「参考書、問題集らしい文章の調子」になっています。変な説明ですが伝わるでしょうか……。

中身も、より知識や解き方を求めるようになっています。ただ中学受験コースはタブレットのみなので、先生の解説授業を見れば理解が深まり解けるようになるのでは?と思いました。

一番難しそうなのは国語の長文読解だと感じました。お試し教材には物語文だけあったのですが、この心の機微を理解するのは幼い息子には難しいかもしれません。解説されても気持ちがわからないものはわからないでしょう。

 

 

以上、何種類かの教材を読んで先取りできる(部分もある)という結論にはなりました。これから息子にお試し教材をやってもらい、結論を出したいと思います。

それと別にお金の話も書きたいのですが、長くなるのでまた次の記事にします。 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

Z会をやめるんですが

息子が年長の時からZ会の通信教育をやっています。

惹かれたのは、

・おもちゃっぽい付録類が少ない

・ぺあぜっと、けいけんワークといった実体験を大事にする課題がある

・キャラクターも最低限しかでてこない

といった点です。

あとは私が受験の時にZ会の速読英単語にとてもお世話になったので、プラス感情があったことも関係してます。

同世代はみんな速読英単語をもっていた、ような時代でした。あとDUO2.0も人気でしたね~、懐かしい。いまはDUO3.0なんですね。

 

 

年長の時はあんまり勉強していなかったのでさほど気にならなかったのですが、小学生になって息子と色々勉強をしていくうちに「Z会の教材は簡単すぎる」という問題にぶつかりました。

 

Z会は難しい」という噂もありますが、一年生はすごく簡単です。学校の宿題にちょっとあれこれ追加されたくらいではないでしょうか? 

算数のワークやドリルは単純な計算だけでなくて文章題が多い、とは思います。国語は漢字の書きとりだけでなく筆順問うたり、記述で自分の考えを述べさせたりはありますが、それでも簡単だと思います。

噂が独り歩きしている印象です。

 

また「Z会は良問が多い」という話もききます。しかし私は「良問ってなんだろう……定義が分からない、良問とは……?」としか思いませんでした。いたって普通の問題だと思います。

少しずつ難易度が上がって行ったり、一見関係なさそうなあれとこれを結び付けてみたり……という工夫はありますが他の会社もやっていることだと思うので、Z会が特別良問とは思いませんでした。そもそも良問ってなんだ。

 

それで市販の問題集をあれこれやっていました。市販品を買うのもかなりお金がかかりますし、もうだったらZ会やめて息子に質も量もあうような市販品を私が選べばいいのでは? という考えに。

 

年も明けて自動継続のお知らせが来たころ、思い切って継続停止の手続きをしました。

一年間まとめて払っても一年生コースは月々4142円(二年生は4516円)。ちょっとした出費ですので、この分を問題集に回したらあれこれ買えます。

塾に行くまでは家庭学習のみでなんとかしよう、息子のマネジメントを頑張ろうと思います。

 

 

 

 

と数日前まで決意していたんですが。

長くなるし話が変わるので次の記事に書きます。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

スマイルゼミ体験会の感想

外出先の近くでスマイルゼミの体験会をやっているということだったので、息子、夫とともに参加してきました。

 

タブレット学習は視力の低下だけが心配ではありますが、その中身には興味があります。

Z会を一年生の3月でやめることにしたこともあって、もしよい通信教育や塾があれば知りたいなと思っていたところなので渡りに船でした。

 

 

小さな会場には何組もの親子がいて、やはりみなさん関心が高いんだなあという印象。

息子にも早速やってもらいます。

一年生の漢字かきとり、2桁ー1桁の計算をし、そのあと二年生、三年生の算数を確認。

英語もあるのでどれくらいのレベルなのか試させてもらいました。

 

f:id:sayakajyou:20180211174739j:image

パンフレットと体験会参加プレゼントのクリアファイルをいただいて帰りました。

スタッフさんはアルバイトかな? あんまり突っ込んだ質問には答えられないみたいでした。

あちこちで体験会しているのだから人手も足りないのでしょう。

息子はとても楽しそうでした。が、なんでも楽しめる息子なので「楽しかった!→即入会決定!」としてはいけないのです。 

 

 

スマイルゼミを体験しての感想

【よかった点】

・画像がきれい

・アニメーションがなめらか

・文字が読みやすい大きさである

・基本料金内に英語学習も入っている(別途英語プランも追加できる)

・漢字の書き取りシステムがとてもよい!(美しく書けるよう何度も練習させる)

 

英語がついているのはすごーくよかったです!

息子の英語レベルは下も下なので、ライティングからリスニングと色々できるのはぴったりです。

また漢字も苦手(字が汚い)なので、綺麗に書けないと「かきなおし」になる仕組みも気に入りました。

 

 

【よくなかった点】

・問題が簡単すぎる(先取りしても簡単)

タブレットの反応がたまに悪い

・答えを入力したあと「答え合わせ」ボタンを押さなくてはいけない

・次の問題に行くのに「次」ボタンを押さなくてはいけない

・時間がかかる割に大した量は勉強できない

・前月より前の振り返り学習はできるけど次月以降の学習はできない(次学年の申し込みはできる)

 

特に問題が簡単すぎるのがネック。

教科書準拠を売りにしているからなのでしょうか、学校で出される宿題レベルでした。基礎の基礎が多く発展コース?であっても発展性が乏しいです。

あとは時間がかかる割に量は解けないところも好みではありませんでした。

「16-8=?」で「8」を入力→答え合わせボタンを入力→丸がつく→次へボタンを入力、というふうに時間がかかります(次へボタンが全部の問題にあるかどうかは不明です)

答え合わせを子供自身がすることによって一問に時間がかかりすぎると思いました。プリントだったらその間に三問は解けそう。

私は丸つけは全然苦ではない&どこをどう間違ったのか(計算ミス?知識不足?勝手読み?など) を知りたいので、タブレットにお任せにするメリットが低いからそう思うのかもしれません。

 

 

 

後日、横で体験会を見ていた夫に「スマイルゼミどうかな?」と相談。

 

夫「うーん、問題が簡単だよね。あと丸つけとかもタブレットでできるから、親が忙しい子には向いてると思う。でもうちは君がよく勉強を見てくれてるから必要ないんじゃない」

 

夫が「妻はよく勉強を見ている」と思っているとは考えてもみませんでした(もちろんスマイルゼミを受講させないための方便である可能性も捨てきれません)。 

自分ではそれなりにやっているつもりですが、子供の学習は目に見えやすい成果がわかりにくいので正しいのかどうかもわかりません。

そう言ってもらって「あー私って息子の勉強よく見てるお母さんなんだ。よかった」という気持ちに。

夫、ありがとう。

 

 

 

結論としてはスマイルゼミはなしになりました。

英語学習と漢字かきとりシステムはとても捨てがたかったのですが、それ以外が簡単すぎるということで我が家の学習スタイルには合いませんでした。

学校とほぼ同じレベルの学習を、お金を払ってまでする必要はないかなと。

朝日小学生新聞が一部読めたり、推薦の書籍が読めたり、漢検が受けられたりとメリットはありますが、それはあくまでオプション。肝心の教材のほうが重要です。

教科別や分野別で英語と漢字だけ、とか選べたらいいのにな。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

国語辞典ついに新調

我が家では辞書引き学習をやっています。

ことばの力がつく 辞書引き学習: ドラえもんの学習シリーズ

ことばの力がつく 辞書引き学習: ドラえもんの学習シリーズ

 

参考にしているのはドラえもんの学習シリーズのこちらです。

一日5語は調べることにしていて、それ以上調べても調べなくても自由です。

付箋が増えるのはもちろんですが、「語彙が増えるとワードバスケットで勝てる!」というのが息子のモチベーションでもあるようです。

 

ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム

ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム

 

 今日も息子とやりましたがほとんど私が勝ちます。でもプレイしていると、今まで息子の口から出てこなかったような言葉が出てくるのを実感します。

私も容赦なく息子の知らない言葉を繰り出します。

例えば、

私「ひょうせつ(剽窃)!」

息子「なにそれ~?」

私「他の人が書いたものの一部を自分のものとして使っちゃうことだよ」

というようにプレイしながら息子の語彙を増やせるところもよいです。

 

 

話が脱線しました。

f:id:sayakajyou:20180211100332j:image 

辞書引き学習には幼稚園で卒園記念としていただいた辞書を使っていたのですが、語彙が少ない! それ以前にバランスが悪い。

f:id:sayakajyou:20180211100317j:image

「のれんにうでおし」が載っているのに「れんこん」が載っていないのは納得がいきません。

もうすぐ小学二年生になりますので、この辞書ではとてもこれからの辞書引き学習に対応できないと思い新調することにしました。

 

 選んだのはこちら。漢字辞典と同じシリーズにしました。

紙の色も美しく、約37000語収録されていて小学生が使うのには十分と思います。

f:id:sayakajyou:20180211100349j:image

「れんこん」ももちろん載っています。

 

個人的に好きじゃない点は単語の字がゴシック体系になっていることです。明朝体系の字のほうが並んでいて美しいと感じるのでそっちのほうがよかったかなあ。

息子は全然気にしていないのでいいんです、私のどうしようもないこだわりなだけです。

 

f:id:sayakajyou:20180211100417j:image

昔の辞書は本棚にしまい、今後はこの辞書で辞書引き学習を進めていきたいと思います。

本当は新しく発売された広辞苑がほしかったんですけどね…さすがにまだちょっとはやいかな。辞書引き学習をしなくても辞書をバンバン活用できるようになったら広辞苑を買いたいです。息子を理由にすれば高い本を買うのも心が痛みません。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村

分数ものさしを買ってみた

 

以前読んだプレジデントFamilyに載っていた分数ものさし。

ついに発売されると聞いて早速書店で購入しました。

 

 

f:id:sayakajyou:20180210224911j:image

 

プレジデントFamily  分数ものさし(ドリル付き! ) (【マルチメディア/開発商品】)

プレジデントFamily 分数ものさし(ドリル付き! ) (【マルチメディア/開発商品】)

 

 ものさしだけでなくてドリルもついています。

Amazonでは売り切れになっていますがあちこちの書店で見かけます。

 

 

ドリルがすごくいい出来だと思います。

分数は概念なのでそこを理解させる問題や、分数の量感をきたえる問題が色々入っています。

分数をこれから習う子や、今現在分数の問題が苦手な子にはぴったりだと思いました。

うちもくもんの丸い分数パズルを持っていますが、このものさしもとてもわかりやすいです。

考えた時は小学五年生だというのがすごい…ありがたく使わせていただきます。

 

惜しむべきは単品では買えない?というところでしょうか。ドリルは一回やったらいいかなと思いますが、なくした場合にもう一個ほしくなりそう(なくさないようにしましょう)。

プレジデント社さん、今後ご検討よろしくお願いします。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村