自由になるために生まれた

2010年度生まれの息子との日々の記録です

子供と百人一首を楽しみたい

私は百人一首にほとんど触れずに過ごしてきました。

小学生の時に児童館で坊主めくりをした記憶がある程度です。

 

いつかは覚えてみたいなという思いがあったものの、なかなか踏み切れずにいました。

そこで子供と一緒に楽しんだらいいんじゃない? と思いついたわけです。

子供は記憶力抜群ですぐ覚えるだろうし、かるたは好きだし、ひらがなと漢字の勉強にもなる。

 

 

いきなり歴史背景や難しい古語の説明から入っても楽しめないだろうなと思いまして、子供用に適したアイテムを探しました。

購入したのはこちら。

ちびまる子ちゃんの暗誦百人一首 (満点ゲットシリーズ)

ちびまる子ちゃんの暗誦百人一首 (満点ゲットシリーズ)

 

ちびまる子ちゃんのシリーズは他の学習系まんがも評判がいいですし、この本もお薦めされていたので購入。

歌の意味も説明されているのですが低学年は読んでも読まなくてもいいかな?

説明されても難しいものは難しい!

小学一年生の男子に恋の歌を理解しましょうといっても無理な話です…。

 

載っている漫画も歌とはあまり関係ないです。雰囲気はつかめるかもしれないけれど理解するにはいたらない気が。

楽しく読むだけの本だと思います。もちろんそこが最も重要でしょう。

 

漫画ですと「ちはやふる」が有名で百人一首に関するものもたくさん発行されていますが、私はこの作者さんの度重なる盗作を許せないので関連書籍を買うことはないでしょう。

反省しているという文面を見ましたが、「ちはやふる」でもあちこちから盗用しているので、そういう方なのだと思います。

許せません。

 

 

 

百人一首ワンダーランド ([バラエティ])

百人一首ワンダーランド ([バラエティ])

 

五味さんの百人一首ワンダーランドは、普通の札よりも親しみやすいかな? と思って買いました。

息子は五味太郎さんの本が大好きなんですよね、それで少しでもとっかかりになればと思ってこちらにしました。

中身は札のほか、五味さん流の百人一首解説本と、五味さんの描いた絵巻のような冊子が入っています。

紙の質は普通におもちゃやさんで売ってるカルタのレベルであまりいいものではないですね。

百人一首に慣れてくれたらきちんとした厚みのあるものに買い換えるのもありだと思っています。

それよりまずは親しんでほしい!

 

 

本棚に入れておいたところ、

息子「なにこれー?」

私「百人一首っていう、ちょっとむずかしめのカルタだよ。子供にもできるけど、ちょっと大人向けかも」

息子「やってみたい!」

と反応はまずまず。

最初の十首だけでいっしょに散らしどりで遊びました。

 

 

百人一首ワンダーランドは、サイトから購入者だけ音声データをダウンロードできるようになっています。

大人の声と子供の声の両方あるのがいいですね。

 

ただ、抜き出した歌だけをランダム再生するのはひと手間なので、私は百人一首読み上げアプリの「百首読み上げ」を使っています。

すごくすごく便利!!!! しかも無料です。

指定した歌だけのランダム再生はもちろん、人間の読み手とボーカロイドの読み手があるのも面白いですし、競技用としても初心者用としても使えるようになっています。

歌と歌の間隔、上の句下の句の間隔も自分で設定できるようになっており、これはCDでは再現できないことなので、アプリで作ることによるメリットが活かされていると感じます。

 

息子のほうが覚えるのがはやそうなので私も負けじと歌をきいて覚えたいと思います。

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

漢検受けました?

6/18(日)が今年度初の漢検だったんですね。

あちこちの学習ブログでお見かけしました。

私は漢検のことをまったく知らなくて、「小学生でも受けられるんだ! すごい!」と思ったものです。

日本漢字能力検定

小学校一年生の漢字が対象の10級があることも知りませんでした。

 

 

 

漢検にはあまりいい思いがなく…(下記リンクの事件のこともあり)。

漢検協会事件 - Wikipedia

自分は3級までしかとらなかったので、一応履歴書にはかけるもののまったく意味のない級なので面倒くさくて結局書かなかったり…。

なので子供に受けさせるという発想は全くありませんでした。

 

 

 

漢検を受けさせている親御さんの意見をいくつか見ると、

・確実に点を取れるところなので先取り学習をさせてはやめに小6の漢字まで終える(高学年では受験用の学習に集中させる)

・認定証をもらうことで子供に自信をつけてもらう

・1年間の総復習として漢検にチャレンジさせる

などがあり、どれもうなずけるものばかりでした。

 

というわけで、10/15(日)の漢検、10級にチャレンジしてもらおうと思います!

今はひらがなカタカナを練習を最優先させており、漢字の学習にはまったく触れていません。

読めるけど書けない、見よう見まねで書けるけど書き順はわかっていない、というレベルです。

 

私が漢字でもっとも重視しているのは書き順です。

読んだり書いたりするのは本を読んでいれば、自分で文章を書くようになればいずれ身につくと思います。

ただし書き順だけは漢字学習によってしか身につかないでしょう。

私は読書が大好きだったこともあり、習った漢字で熟語を含め読めないものはありませんでした。

ただし、書き順ではほとんどいつも失点しました(まぐれあたりしかない)。苦い過去です…。

 

なので夏休みからの新たな目標として、

・美しい、書き順を守ったひらがなカタカナの総復習

・書き順を守った一年生の漢字の習得

をあげたいと思います。

 

なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳

なぞらずにうまくなる子どものひらがな練習帳

 
なぞらずにうまくなる子どものカタカナ練習帳

なぞらずにうまくなる子どものカタカナ練習帳

 

 ひらがなカタカナに関してはこういった教材を、

 

漢字練習ノート 小学1年生 (下村式 となえて書く 漢字ドリル 新版)

漢字練習ノート 小学1年生 (下村式 となえて書く 漢字ドリル 新版)

 

 漢字については書店で見てきたこのふたつのドリルがよさそうなので、これを使っていきたいと思います。

 

 

 直前には漢検対策もします。

 

10級が順調だったら、2月か来年の6月に9級に向けて動き出したいです。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

短くなった鉛筆を加工する「TSUNAGO」を買いました

学校で使っている鉛筆がもうかなり短くなってきたので困っていたところ、こんな商品を知りました。

 短い鉛筆のお尻に穴をあけ、そこにもう一本をつなげて長くするという不思議な鉛筆削りです。

 

 

f:id:sayakajyou:20170622185121j:image

たまたま出かけたロフトに売っていたので、木工ボンドと一緒に購入。

ちいさくなった鉛筆を削ってみます。 

 

f:id:sayakajyou:20170622185125j:image

 写真だと少しわかりにくいのですが、左の鉛筆には穴が開いています。

右の鉛筆も差しやすいように削りました。

右の鉛筆が黒いのは、何回か左の穴に差して確認したためです。

 

f:id:sayakajyou:20170622185133j:image

 さて合体……。

お尻に丸みのある鉛筆だったためぴったりとははまりませんでした。

これ大丈夫かしら^^;

とりあえず木工用ボンドでくっつけて、明日から使ってみたいと思います。

つなぎ目部分まで到達したらまたレポートします。

 

ちょっと削るのが大変かな?

でもアイディア商品としては面白いと思います。

費用対効果は低いです…次の鉛筆買ったほうがはやい…。

 

 

 

我が家はこのお尻に丸みのあるハイユニがどうしてもいいのです。

他の鉛筆と比べて割高なだけあって、すごく書きやすいんですよね。

私も息子にあれこれ教えながら書くことが多いのですが、大人も満足する書き心地。

 

あと消しゴムは小学生学習字消し派です。

力を入れずとも消しやすくて、家庭用消しゴムもこれにしました。

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

習いごとのバランス

息子(小1)は現在、塾には行ってません。

家での勉強は通信教育のZ会と、家でやるドリルと、学校の宿題だけ。

習いごとはスポーツ系2つ、理系1つです。

 

 

このスポーツ系の習いごとをひとつやめることにしまして、今後どうしようかなあと悩んでいます。

塾は中学受験が本決まりになればいずれ行くことになると思うのですが、はやくて小3の2月、遅ければ小5ぐらいでしょうか。

 

それよりまずは体力づくり! と思っています。

うちの子は早生まれで体も小さめ。体を動かすのは大好きだけど得意ではない。

運動についてはちょうど平均ぐらいの成績です。

運動に対して苦手意識は持ってほしくないので、この平均値くらいを今後も維持したい…。

 

受験勉強は体力勝負だと思いますし、今のうちに受験に耐えうる体力をつけてほしいのです。

次に検討してるのは体操教室。夏休みの間は不定期のイベントにたくさん参加する予定なので、二学期からにしようと思っています。

 

 

もうひとつ検討しているのが書写です。

書道ももちろんいいのですが、硬筆もやってくれるところを考えています。

硬筆を一通りやって毛筆に移行できるとベスト。

何しろ息子は字が汚いのです。

男の子のお母様方どうですか。衝撃的なぐらいに雑じゃないですか?(うちだけでしょうか…)

下手というよりも、雑!!!!

 

小学校に掲示されている同じクラスの子たちのプリントなどを見ましたが、女の子の字は丁寧です。

うまくなくとも、大きさをそろえたり真ん中に字がくるように書かれています。線の震えも少ない。

男の子はバラつきが多かったです。大きい、小さい、右寄り、左寄りetc。

 

私はこの低学年のうちにここを何とかしたいと思っています。

高学年になってから新しく書写を始める余裕はないでしょう。たぶん勉強でいっぱいいっぱいです。

でも字が汚いノートって見直す気にならないと思うんですよね…。

読めればいいけど最悪読むこともできない字かもしれない…。

字が汚くて試験で点を落とすかもしれない…。

 

そんな理由で書写の教室を探しています。

いくつか調べてみましたが、書写教室は決められた時間の中で好きな時に来て、やるべきことをやって帰る、というところもあるんですね。

普通の習いごとだとちょっと考えられないシステムですが、すごくいい! と思いました。

学校から帰って即!自転車に乗せて習いごとに向かう日もあるので、好きな時間に行けるのであれば気持ちも楽です。

 

 

本当は絵画も音楽もダンスも、別のスポーツもいろいろやらせたい!

人生には楽しいことがいっぱいあるから、少しでも楽しいことに触れてほしい!

と思ってます。

時間とお金に限界があるので、我が家の習いごとは週3~4日が限界かな。友達と自由に遊ぶ時間も必要ですしね。

 

 

受験が本格的になる高学年には書写、スポーツ系は一度お休みして、塾通いを本格化させるのがいいのかなーなどと今から考えてしまいます。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

逆ピラミッドたしざん

すぐによそ様のブログの影響を受けるタイプです。

朝学習のホワイトボード問題はできる限り飽きさせないように工夫したいのですが、私はアイディアがぽんぽんでてくるような人間ではありません。

学習系ブログにはいつもお世話になっております。

 

 

今日は逆ピラミッドたしざんを出しました。

f:id:sayakajyou:20170619223414j:image

 隣り合った数字を暗算で足していく問題です。

あんまり数字を増やすと縦に長くなって書きにくい(ホワイトボードマーカーの粉にまみれる)ので、まずは5つから。

これだとせいぜい3桁の数なので息子も簡単に解けるでしょう。

 

 

f:id:sayakajyou:20170619223434j:image

 珍しく早く帰ってきた夫がそれを見て、公式を作り始める始末。

自作公式で暗算の正解を求めていましたが、どちらも同じ数字になってめでたしめでたしでした。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

小学校の読書週間が始まりました

この時期はどうやら全国的に読書週間をする学校が多いようですね。

理由は梅雨だから。

東京はまだあんまり降っておらず、空梅雨が懸念されます。

 

 

読書週間の活動は学校によってさまざま。

読んだ冊数やページを競う学校もあるようですが、うちの小学校は「自分の好きな本を一冊選んでクラスメイトにおすすめする」という活動になります。

プレゼンですね。

 

 

我が家はみんな読書が好きです。

私も若いころに比べると読む冊数は減ってしまいましたが、息子と一緒に図書館に行って自分の本も選んでいます。

息子も日々本好きになってきている様子。

特に好きな本は、

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし

フレデリック―ちょっとかわったのねずみのはなし

 
もりのおかしやさん (もりはおもしろランド( 2))

もりのおかしやさん (もりはおもしろランド( 2))

 
14ひきのひっこし (14ひきのシリーズ)

14ひきのひっこし (14ひきのシリーズ)

 

 などです。

 

 

どの本を選ぶのかなあと思っていたら… 

おしりたんてい (単行本)

おしりたんてい (単行本)

 

 「おしりたんてい」を選んで学校に持って行きました。

……うん、面白いよね、おしりたんてい……。地域の図書館じゃ50人待ちの人気絵本だし。

頑張ってプレゼンしておいで。

 

 

また読書週間中の給食は絵本の中に出てくるメニューが登場します。

今の管理栄養士さんは大変ですね。

他にも郷土料理の日や、子供たちが手伝う給食の日もあったりして、普通の公立小学校なのに食育に力を入れているなと感じます。

ありがたい限りです。

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村

全国統一小学生テスト(2017年6月・1年生)の結果が届きました

あちこちのブログで結果が届いたという報告を受けていまかいまかと待っていましたが、我が家にも受験した早稲田アカデミーの校舎からレターパックで届きました。

日帰りキャンプに出発しようとしていた矢先に受け取ったため、確認は夜になりました。

 

 

まずは画像を。

自己採点と同じ点数でほっとしました。

f:id:sayakajyou:20170618173545j:image

特筆すべきは平均点の低さでしょうか。

「1年生の問題は平均が80点になるように作ってあります」と事前説明で言われたのですが、それより30点前後も低い平均点になりました。

 

これは問題の難しさというよりも、

・解答欄に解答を書いていない

・解答欄がずれている

・字の判別ができない

・わからない問題を飛ばせない

というテスト慣れしていない一年生特有の事象によるものでは?

と私は思ってしまいます。

 

算数も国語も最後のほうの設問は難しかったですが、それ以外は十分点をとれる問題だと思いました。

なので塾によっては直前の書き方指導が足りなかったのでは? と考えたのです。

 

私は息子が試験を受けている間、保護者説明会のため隣の部屋で待機していました。

待機中、塾の先生が何度も繰り返し解答欄の書き方を子供達に説明しているのが聞こえました。

割合いい点が取れたのはこの説明のおかげだったのではないかと思っています。

 

あともちろん塾から届いた対策問題をやったおかげでもあります。

本番に酷似した形式の問題でとてもよかったです。

「対策をしないほうが実力が知れる」という考えもあり、それもまた正しいと思うのですが、私は実力を知りたいというよりも息子に自信をつけさせたい気持ちが大きいです。

なので万全の対策をしたつもりで挑みました。

 

 

 

よって平均点や偏差値の数字はあてにせず、母数に対してどれくらいの位置にいるかで今回の結果を考えたいと思います。

 

息子の結果は、

・全国順位→上位2.9%

都道府県別順位(東京都)→上位4.1%

・男女別順位(男)→上位3.1%

 でした。

初めてのテストにしては上出来です。

家では褒め称えました。

 

 

やはり東京都は私立中学数も受験者数も多いせいか、全国順位や男女別順位に比べるとぐっとパーセンテージが下がります。

中学受験となった場合、ライバルは他の地方にいる子ではないので、都道府県別順位がこの中では一番重要に思えます。

男女別は男子校を受ける場合などに活かせるデータかもしれませんが、都道府県別には敵わないでしょう。

 

なので今後もここを上位5%以内でキープしたまま高学年までいければ、息子が今後行きたいと思える学校が出てきた場合に対応しやすいのではないか?

と予想しました。

 

私の現段階での仕事は息子の選択肢を広げることだと思っています。

中卒で職人に弟子入りしたくなるかもしれませんし、高校生で起業したくなるかもしれませんし、設備の整った大学で専門的なことを学びたくなるかもしれません。

どうなってもいいように、いろいろなことを経験させたいのです。

勉強はその一つで、テストや検定を受けさせるのはその指標のようなものです。

 

 

何はともあれ全国統一小学生テストお疲れ様でした!

テストや今までやってきた問題集の間違ったところは復習ノートを作りたいなと思っています。ちょっと今は来週の思考力検定の対策に追われているので7月かな?

夏休み前には復習ノートを作り、間違ったところはこうやって勉強するんだということを教えたいと思います。

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村