読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

自由になるために生まれた

2010年度生まれの息子との日々の記録です

図書館通い開始

こくごプリントをやりはじめたころ、息子は少し読解力が弱いかもしれないと思いました。

それが年長として十分なレベルなのかどうかはさておき、自分が定期的な絵本の読み聞かせをなまけていたことに気付いたのです。

読んで、と言われれば読むし、一緒に図鑑を眺めたりもします。

でもそれだと本の種類が偏るし、私も同じ本を何度も読むのは苦痛です。

そこで図書館に通うことにしました。

 

今までなぜ通っていなかったのかというと少しアクセスが悪いから。

あと図書館が線路わきにあり、電車大好きな息子にとっては本を見に行くところではなく電車を見てはしゃいでしまう場所だったからです。

自分の自治体の図書館に行くには自転車で10分程度。遠くはありませんが、大人でも緊張するような急こう配の坂を上り下りする必要があるのです。

息子は自分の自転車で出かけられるようになりましたが、その坂に挑むのははやいように思われました。

 

そこで隣の自治体にある図書館へ通うことにしました。

こちらは自転車で12,3分程度。少し距離はありますが、平坦な道ですし息子の体力作りにもなります。

 

 

で、先週借りてきた本。

まずは私のチョイス。

おおきなかぶ

おおきなかぶ

 

年中のときに発表会の劇でやったので思い出すために。

息子はなぜかおばあさんの役でした。

 

おつかいしんかんせん (そうえん社・日本のえほん)

おつかいしんかんせん (そうえん社・日本のえほん)

 

 電車が好きなので電車関係のものから一冊。

 

 

 

はらぺこあおむし エリック=カール作

はらぺこあおむし エリック=カール作

 

 

ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本)

ぐるんぱのようちえん(こどものとも絵本)

 

 

おしゃべりなたまごやき (日本傑作絵本シリーズ)

おしゃべりなたまごやき (日本傑作絵本シリーズ)

 

 言わずとしれた王道絵本。

 

 

 

つづいて息子チョイス。

おどるねこざかな

おどるねこざかな

 

 

ねこざかなのたまご

ねこざかなのたまご

 

 幼稚園で借りてきて以来はまっているねこざかなシリーズ。

おふざけ要素がたっぷりあって面白い本です。

 

 ぐりとぐらシリーズからまだ読んだことのないものを選んでいました。

 

 

八冊だから一週間くらいで読めるでしょう。

私も自分の読書不足を感じているので息子と一緒に本を読もうと借りてきました。

今日から使える読み聞かせテクニック 【CD付き】

今日から使える読み聞かせテクニック 【CD付き】

 

 

親子で楽しむ!  頭がいい子の図鑑の読み方・使い方

親子で楽しむ! 頭がいい子の図鑑の読み方・使い方

 

 

 

できれば毎週図書館に通いたいのでお互い頑張ろう。