早生まれ息子との学習記録ー中学受験2023

2010年度生まれの息子との記録

分数パズルで遊ぼう

息子と夫は寝る前に布団の中で算数の問題を出し合って遊んでいます。夫がもう息子は分数もわかるようになってきたよ~と言い出しました。

私の知らない間に「1/2+1/4は?」「3/4!」などと分母の違う簡単な足し算ができるようになっていたので、あわてて分数パズルを解禁しました。本当は夏休みの暇な時の遊びにと思って買っていたのですが。

こういうのはタイミングが重要だと思うので、来るべき日を待っている教材が我が家にはいくつか眠っています。興味を持ったり、たまたま触れる機会があったらそのチャンスを逃さず与える!

 

 

f:id:sayakajyou:20170718083309j:image

くもん出版の分数パズルです。2000円ちょっとで買えます。

 

f:id:sayakajyou:20170718083312j:image

とりあえず1/8までを開封。

1というパネルもあり、分数の概念を理解するのに至れり尽くせり。そのほか、分数表やパズルとして遊ぶための問題集もついていてこれ一つで足りると思います。

学研の分数教材ですと円だけでなく直線で理解する分数教材もついているようですが、分数の概念を理解してしまえばあとは応用だと思うのでうちはこれでいきたいと思います。

直線バージョンも必要だったらマグネットかなにかで自作します(節約!)

 

 

 

もしくは円以外の分数にはレゴを使えばいいと思うんですよね。

temita.jp

 以前見つけたサイトです。

こちらはかたまりで説明してますが、うちには細長いタイプのレゴもあるのでそれで直線は対応できるでしょう。

 

 

 

おやこでいっしょに!  はじめての分数パズル

おやこでいっしょに! はじめての分数パズル

 
木製シリーズ よくわかる分数

木製シリーズ よくわかる分数

 
楽しくお勉強シリーズ 木製 パズルよくわかる分数

楽しくお勉強シリーズ 木製 パズルよくわかる分数

 

 

 

いずれ問題集も…と思いますが、現在の学習要項だと2年生でちょっと分数に触れ、3年生で本格的に始まるようなのでそこまで先取りしなくていいんじゃないかと思っています。

分数は実生活で使う、学ぶことの多い分野です。

例えば「お茶あとどれくらいほしい?→さっきの1/3くらい!」ですとか「バラの根元に肥料を1/4ずつまいてね」など。

先取り学習するよりも実体験から学んでほしいと思います。

ただし息子が問題集もやりたがったらとめはしないという主義です。

 

算数と国語を同時に伸ばすパズル 分数編

算数と国語を同時に伸ばすパズル 分数編

 

分数は宮本哲也氏の問題集が面白そう。

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村