早生まれ息子との学習記録ー中学受験2023

2010年度生まれの息子との記録

なぜ中学受験をするのか? 我が家の場合

中学校は義務教育で受験しなくてもいいし、言ってしまえば行かなくったって卒業はできます。

じゃあなぜ受験するのか? というとそれぞれのご家庭の事情があると思います。

 

 

我が家は、

・学区の中学校の評判が最悪、最近は改善してきたようだが学級崩壊もあった

・それゆえ近くの公立中学への越境が多いが、越境枠は基本的に抽選となるためどうなるかわからない

・公立中高一貫校がバス一本で行ける圏内にある

・公立中高一貫校は内申および適性検査の受験だが内申が悪ければ土俵にも上がれない、そうなった場合にも地元公立には行かせたくない

という事情があった上での「私立中学受験検討」なのです。

 

まだあくまで検討です。あと五年のうちに地元公立中の評判がすっごくよくなって、進学しても問題ないかもしれません。

でもどうなるかわからない。どうなるかわからないなら常に別の手を考えるのが親の仕事かなと思います。

 

人生はある意味、自分をチップにするギャンブルです。

息子の人生は息子のもの。

そうわかっていても親としてはハイリスクなのにリターンの少ない方向へはいってほしくない! それ選択するのはもうちょっと成長して判断力が身についてからにしてほしい!

という気持ちです。

いや、いいんですよ。役者になりたいとかミュージシャンになりたいとかサッカー選手になりたいとかある日突然言い出しても。でもそれは全部自分の人生を背負う覚悟をしてからにしてね! と思ってます。

 

老後の面倒は見てもらわなくてすむよう準備はしてるけれど、成人した後の息子の面倒を見る気もないのです。

 私が死んだ後も息子が一人で生きていけるようなってほしい、というのが一番根本にある私の願いです。

 

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村