Z会継続か別の通信教育か

学校の教科書を読んでも、全然学習の進度がわかりません。何ができておくべきなのか、とかですね。

その辺のことが知りたくてZ会を続けています(年長からやってます)。

 

通信教育ってようは問題集が送られてくるので、その問題が解ければいいという点で学習状況が見えやすいと思います。

中学受験するかも未定の息子にはまだ塾は不要。学校見学に行って、自分が行きたいと思う学校ができたら塾通いスタートでしょうか。なので今は通信教育で十分というのが我が家の考え方。

 

ずっとZ会をやってきたんですが、最近これ本当に必要???と考え始めました。

学校の勉強よりは少し骨のある(でも簡単な)問題集が2冊とせいかつ科目ワークブックが2冊、添削シートが3枚(たまに付録)入ってます。

これで年額一括49704円でひと月あたり4142円(毎月払い4520円)です。

 

ちなみに、

リトルくらぶ→年額一括55836円でひと月当たり4653円(毎月払い5076円)

ピグマキッズ→毎月払いのみ5184円

ドラゼミ→年額一括36540円でひと月当たり3045円(毎月払い3333円)

です(すべて税込)

 

Z会の特徴はなんといってもせいかつ科目の実地用ワークブックがあるところ! 親は大変ですが息子はすごく楽しんでやってますし、教材としては素晴らしいです。

ただ何度も言いますがお膳立てするのは親ですからね。この大変なせいかつ科目ワークに問題集、あと添削シートでこの値段はちょっと…と最近思うようになってきました。私は添削シートには重きを置いていないので…。

 

だったらもうやめてしまって書店で問題集買えばいいんじゃない? それか別の通信教育に変える??? と最近考え始めました。あちこちの通信教育パンフレット取り寄せて試しているところです。

なお資料請求の翌日に電話があり、翌々日には資料が届いたのは四谷大塚。対応が早い! サピックスとドラゼミは請求から四日で届きました。

 

四谷大塚Z会と近い感じの王道ワークブックでした。サピックスはきらめき算数脳のやや簡単な問題集といった感じ。パズル要素が強いです。ドラゼミは学習とパズル(クイズ?)が半々に混ざったような印象です。あとドラゼミは来年度から英語のワークブックが追加料金なしで届くのがいいなあと思っています。

 

Z会は小学3年生からタブレットコースが始まり、中学受験コースはタブレットでないと受けられないというのもネックです(対応機種はiPadのみでもちろん自分で用意しなくてはいけない)。タブレット学習させたくない我が家とは真っ向からぶつかります。

 

結論が出たらまたブログに書きたいと思います。考えすぎて面倒くさくなってきたのでZ会継続の可能性も高いです…。

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村