鉛筆を削るのがめんどうくさい

身も蓋もない話ですが、鉛筆を削るのが面倒なのです。

小学校は2B鉛筆推奨。子供の筆圧の弱さや握りやすさなどを考えれば、鉛筆が最適なのは理解しています。学校やかき方教室はそれがいいと思います。

 

ただ、家庭学習だったら鉛筆の必要はないのでは? と思いまして。

このようなシャープペンシルを買いました。

f:id:sayakajyou:20171228142305j:image

f:id:sayakajyou:20171228142320j:image

 

 

コクヨ シャープペン 替え芯 1.3mm 2B 3個パック PSR-C2B13-1PX3
 

 

 

1.3mmの太さのシャープペンシルです。Bと2Bがあります。軸は六角形になっており、握りやすさも申し分ありません。

丸つけ用の赤シャープペンもあり、息子だけでなく私にもぴったりのアイテムです。

 

家庭学習をしていると、日に何度も鉛筆を削ることになります。先が丸まってくるたびに削って、また使ったら削って……と繰り返すので勉強の手を止めてしまいます。

あと勉強が終わったあとに削っていないことがあって、寝ている間に私がサービスで削ってしまうこともしばしば。

だったらもうシャープペンシルでいい!と思いました。

 

使ってみた感触も特に問題を感じません。息子にも好評です。

もし難点があるとすれば、芯を出し過ぎた時の折れの心配でしょうか。なので2ノックまでしか出さないように指導しています。

余談ですが、0.5mmHBのシャープペンシルを使っていた時に芯が折れ、折れた芯先が目の中に入ったことが二度もある私です。あの時は痛かったな……。

1.3mmB~2Bなので芯の丈夫さが全然違いますが、けして長く芯を出さないようよくよく言い聞かせています。

 

このジュニアペンシルがいたく気に入ったので家用と外勉強用と複数用意しておくことにします。便利なものがあって現代は素晴らしいですね。

 

 

にほんブログ村 受験ブログ 中学受験(本人・親)へ
にほんブログ村