国語辞典ついに新調

我が家では辞書引き学習をやっています。

ことばの力がつく 辞書引き学習: ドラえもんの学習シリーズ

ことばの力がつく 辞書引き学習: ドラえもんの学習シリーズ

 

参考にしているのはドラえもんの学習シリーズのこちらです。

一日5語は調べることにしていて、それ以上調べても調べなくても自由です。

付箋が増えるのはもちろんですが、「語彙が増えるとワードバスケットで勝てる!」というのが息子のモチベーションでもあるようです。

 

ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム

ワードバスケット (Word Basket) カードゲーム

 

 今日も息子とやりましたがほとんど私が勝ちます。でもプレイしていると、今まで息子の口から出てこなかったような言葉が出てくるのを実感します。

私も容赦なく息子の知らない言葉を繰り出します。

例えば、

私「ひょうせつ(剽窃)!」

息子「なにそれ~?」

私「他の人が書いたものの一部を自分のものとして使っちゃうことだよ」

というようにプレイしながら息子の語彙を増やせるところもよいです。

 

 

話が脱線しました。

f:id:sayakajyou:20180211100332j:image 

辞書引き学習には幼稚園で卒園記念としていただいた辞書を使っていたのですが、語彙が少ない! それ以前にバランスが悪い。

f:id:sayakajyou:20180211100317j:image

「のれんにうでおし」が載っているのに「れんこん」が載っていないのは納得がいきません。

もうすぐ小学二年生になりますので、この辞書ではとてもこれからの辞書引き学習に対応できないと思い新調することにしました。

 

 選んだのはこちら。漢字辞典と同じシリーズにしました。

紙の色も美しく、約37000語収録されていて小学生が使うのには十分と思います。

f:id:sayakajyou:20180211100349j:image

「れんこん」ももちろん載っています。

 

個人的に好きじゃない点は単語の字がゴシック体系になっていることです。明朝体系の字のほうが並んでいて美しいと感じるのでそっちのほうがよかったかなあ。

息子は全然気にしていないのでいいんです、私のどうしようもないこだわりなだけです。

 

f:id:sayakajyou:20180211100417j:image

昔の辞書は本棚にしまい、今後はこの辞書で辞書引き学習を進めていきたいと思います。

本当は新しく発売された広辞苑がほしかったんですけどね…さすがにまだちょっとはやいかな。辞書引き学習をしなくても辞書をバンバン活用できるようになったら広辞苑を買いたいです。息子を理由にすれば高い本を買うのも心が痛みません。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村