全国統一小学生テスト(2018年6月・2年生)の結果を受け取りました

 過去の記事をまず貼っておきます。

borntobefree.hatenablog.com

 

 

今回は四谷大塚大規模校舎で受験したところ、面談の上返却ということでしたので面談の予約をとって受け取ってきました。

でも面談予約メールには「都合が悪くなった場合でも郵送はできません。取りに来て下さい」とあったので、面談なしでも受け取れそうな気がします。どうなんでしょう。

校舎によっても対応に違いがありそう。

 

 

さて結果ですが以下の通りです。

息子の記憶による自己採点よりほんの少し良い結果でした。

 

【点数】

150点>算数>国語>120点

【偏差値】

算数>2教科>70>国語>65

【順位】

算数<100位<2教科<200位<<<国語

受験者数は前回の14150人から17276人に増加(約1.2倍)になっていますね。年々増えていくんでしょうね。そして4年生の6月がピークになるのかな?

 

前回と比較すると、点数↓、偏差値↑、順位↑、となりました。

難しい問題が多かったのでしょうか。息子も(特に国語の)点数を落としていますが、偏差値順位ともに上がりました。

 

数値については「ほんとうに君は私の子供かな……?」と思うくらいなので特に言うことはありません。私では小学2年生の時にこの点数はとれなかったと思います。

2教科で偏差値70の大台に乗ることができたのもすごいなあと思っています。本人は「イエーイ」ぐらいの感想でしたが、私は「おおおおお、……おおおおお」という感じです。

 

 

内容については色々言いたいことがありますけどね……。

【良かった点】

算数は過去二回とも最後の大問の途中で終わっていました。今回はすべて解き切り、大問3までは見直しできたという自己申告でした。解くスピードが上がったね、よく頑張りました。

【悪かった点】

今回の失点の多くを占める国語の読解もそうなのですが、まあ現段階でできないものはしょうがないので今後頑張ってもらうとして。

それよりも「五月」と答えるべきところを「5月」と答えて失点となったのには私も「それはちょっと勘弁してよ、息子よ……」という気持ちになりました。

日頃から「文中から抜き出して同じように書く!」と言っているのに。

わからないことはこれからできるようになればいいし、私も教えられることはあるけれど、こういったミスは本番で本人がどう問題と向き合っているかなので、しっかり注意せざるをえませんでした。

次はこういうのをなくしてほしいな。いやほんと頼みます。

 

 

メモ。

2017年6月

・全国順位→上位2.9%

都道府県別順位(東京都)→上位4.1%

・男女別順位(男)→上位3.1%

 

2017年11月

・全国順位→上位1.6%

都道府県別順位(東京都)→上位2.4%

・男女別順位(男)→上位1.8%

 

2018年6月

・全国順位→上位0.8%

都道府県別順位(東京都)→上位1.2%

・男女別順位(男)→上位1.0%

 

出来すぎなぐらい順位だけは上がっています。国語を何とかしないとそろそろ頭打ちの気配。国語は偏差値がじりじり下がってるのです。

そして前にも言いましたが東京の優秀なお子さんたちの壁が厚い。

 

某マンスリー講座のお話は面談ではでなかったので、この成績ではもらえないっぽいですね。

うーん残念。やはり国語がぱっとしないからなあ。

面談の内容についてはまたいずれ書きます。受験されたみなさまお疲れ様でした。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村