四谷大塚マンスリー講座

全国統一小学生テストの返却面談の時にはマンスリー講座のお話がなかったので、「偏差値70くらいではお誘いがこないかあ、大規模校舎には優秀な子が多いんだろうな」と思っていましたが、お盆明けに封書が届きました。

ネットではすでにお誘いを受けたという声が多かったので、断った人の分の繰り上がりかな?と思ったり。もちろん充分嬉しくありがたいです。

 

f:id:sayakajyou:20180816150410j:image

1月までの月1回全5回の講座です。

2月以降は11月の全統小の結果によるとありましたので、一回資格をもらったらそれで終わりというわけではない様子。ということは11月も同じ校舎で受けないといけないということですね…他の会場も色々試してみたかった。

 

受講基準の記載はなし。

四谷大塚について調べていると、校舎によってシステムがかなり違うのかなあという印象を受けます(マンスリー講座の有無、全統小校舎別決勝大会の有無、トップレベル特別集中講座の開講etc)。

なので校舎によって人数も基準も全然違うので書いてないのかもしれないですね。優秀な子が集まったら自然と基準も厳しくなるでしょうし。

あと今入塾しないとしても、入塾金が6年生までずーっと無料になるのもありがたいです。いつ入塾するか決めあぐねている人の入塾先候補になり続けるサービスですね。

 

 

 

先日こんな記事を書きまして。

borntobefree.hatenablog.com

 

「 2学期からどうしようかなあ、今までと一緒でもいいけどもっといいやり方はないかなあ」と思って、IMAの資料を取り寄せたり、駿台浜学園最高レベル特訓算数のことを調べたり、エルカミノの算数オリンピック講座もいいなあと考えたりしていました。

そこにマンスリー講座の招待をいただいたので「息子の競争心をうまく使って伸ばしていきたい」という希望が、時間やお金の問題もほとんどなしに叶えられることになりました。参加されるお子さんたちには優秀な子が多いと思いますし、競ってもらいましょう。頑張れ息子。

 

 

 

そんなわけで電話で受講意思を表明した後、校舎に行って受講手続き=入塾手続きをしてきました。

本格的な通塾はまだまだいいや〜と思っていますが、9月から月1回だけ四谷大塚の塾生です。半塾生みたいな感じかしら。

お世話になります。

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村