2018年小2男子がハマった本・シリーズ編

今年のまとめっぽい記事を書こうと思ったのですが、未来の私が読んでも他の人が読んでも面白そうな話題……ということで息子が今年ハマった本についてまとめます。

今日はシリーズ編。後日シリーズじゃない編も書きたいです。

 

息子のスペックは、算数理科大好き・心情理解やや苦手・精神年齢は実年齢マイナス2歳ぐらいと思って頂ければ。

自分が小学2年生の時、クラスメイトの男の子がこんなにも幼かったと知っていたらドン引きしていたと思います。

 

 

まず、

かいけつゾロリ

・おしりたんてい

・キャベたまたんてい

・名探偵ミルキー杉山

・サバイバル

・タイムワープ

・実験対決

・わかったさん

・こまったさん

ドラえもん学習漫画

あたりは知ってる人も多いので割愛します。これらは息子も相変わらずハマって読んでます。

 

 

ゴインキョとチーズどろぼう―チュウチュウ通り1番地 (チュウチュウ通りのゆかいななかまたち)

ゴインキョとチーズどろぼう―チュウチュウ通り1番地 (チュウチュウ通りのゆかいななかまたち)

 

 チュウチュウ通りのゆかいななかまたちシリーズ。

ローワン、デルトラクエストでも有名なエミリー・ロッダの低年齢向け著作です。

うちの小学校にはペアシステムがあり、息子は5年生の女子生徒さんとペアを組んでいます。その女の子が読書週間にお薦めしてくれた本。読ませてみたらどハマりしました。

ペアさんありがと~! 低学年の気持ちを考えた選書がすばらしい!

 

 

マンガでわかる有機化学 結合と反応のふしぎから環境にやさしい化合物まで (サイエンス・アイ新書)

マンガでわかる有機化学 結合と反応のふしぎから環境にやさしい化合物まで (サイエンス・アイ新書)

 

 サイエンス・アイ新書の「マンガでわかる~」シリーズ。

齋藤勝裕さんのものをよく読んでます。有機化学無機化学、元素118あたり。

 

 

 

 Newtonライトシリーズ。

一冊一冊は安いのですが結構冊数があるし、どれも面白くて全部ほしいので少しずつ集めています。ライトなので文字が大きく噛んで含めるような説明でわかりやすいです。私も読んでます。

 

 

 ルルとララシリーズ。

料理本が好きなのでわかったさん・こまったさんシリーズを読みつつ、ルルララも読んでいます。特にこのゼリー本が好きらしくいくつか一緒に作りました。

 

 

 子供の科学ミライサイエンスシリーズ。

子供の科学は定期購読していますが単行本もどれも面白いですね。このシリーズは家族みんなで読んでます。

 

 

 

さんすう文庫 【新装版】 第1巻 数のたんけん

さんすう文庫 【新装版】 第1巻 数のたんけん

 

 さんすう文庫シリーズ。

藤沢市算数教育研究会が出している本ですがとても面白くてですね。算数好きな園児~低学年には刺さると思います。

 

 

 

シロナガスクジラより大きいものっているの? (児童図書館・絵本の部屋―ふしぎだな?知らないこといっぱい)

シロナガスクジラより大きいものっているの? (児童図書館・絵本の部屋―ふしぎだな?知らないこといっぱい)

 

 ふしぎだな?知らないこといっぱいシリーズ。

より大きい、より小さい、よりはやいなどがテーマの科学系絵本で子供の興味をひくような書き方がうまいです。

 

 

 

もりいちばんのおともだち (日本傑作絵本シリーズ)

もりいちばんのおともだち (日本傑作絵本シリーズ)

 

 ふくざわゆみこさんのクマさんとヤマネくんシリーズ。

絵がかわいい。あと息子はヤマネが一番好きな動物なのでハマったみたいです。ヤマネかわいいよね、わかる。私が一番好きなのはペンギンです。

 

 

りっぱな犬になる方法+1

りっぱな犬になる方法+1

 

 きたやまようこさんの犬シリーズ?

取扱説明書系の、ちょっとユニークな視点での犬との関わり方を書いたシリーズです。

 

 

 

浜村渚の計算ノート(1)

浜村渚の計算ノート(1)

 

 数学マンガの浜村渚シリーズ。原作小説のほうも買ってみましたがまだ読むのが難しいらしいです。

マンガのほうはラストがちょっと尻切れトンボなので小説版読めるようになるといいね。

 

 

 

落語絵本 六 めぐろのさんま

落語絵本 六 めぐろのさんま

 
まんじゅうこわい (ランランらくご)

まんじゅうこわい (ランランらくご)

 

 落語系はこのふたつが好きなようです。

私は子供のころに落語にふれることがなかったので息子がうらやましい。

 

 

 

はれときどきぶた (あたらしい創作童話 13)

はれときどきぶた (あたらしい創作童話 13)

 
たまねぎ博士1号タリラン (はれぶたぶんこ)
 

はれときどきぶたシリーズ。

私が子供の時に読んでいた本を息子も読むなんて不思議。

 

 

 

 

今年はいろんな本を読みました。

私のほうが読書量が落ちているので、来年は息子とともにもっと本を読みたいと思います。つい子育て系の本ばかり読んでしまう……。

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村