乾物のある暮らし

息子としいたけ栽培をはじめました。

今はこういう便利なものが売っていますね。

 

たくさん収穫できたので残ったぶんは干すことにしました。

折しも、その日の夕ご飯に切干大根の味噌汁を出したところ、

「たしかに普通の大根と違って干した感じがある、しわしわしてる」と息子。

「昔は冷蔵庫もなかったしビニール栽培もなかったし運搬にも時間がかかったから冬は保存食が特に大事だったんだね」という話をしました。

 

 

そんな経緯で保存食やなんでも手作りする暮らしがわかるマンガ、リトル・フォレストを息子に与えました。

リトル・フォレスト(1) (ワイドKC)

リトル・フォレスト(1) (ワイドKC)

 
リトル・フォレスト(2) (ワイドKC)

リトル・フォレスト(2) (ワイドKC)

 

 

 映画化もされています。

リトル・フォレスト 夏・秋

リトル・フォレスト 夏・秋

 
リトル・フォレスト 冬・春

リトル・フォレスト 冬・春

 

 

一人の若い女の子が、田舎に帰って、そこで一人暮らしをする様子を書いているのですが、とても働き者でなんでも一から作ります。

お米、野菜、甘酒、ケーキetc…。

中に載っているレシピも面白いものが多く、普通の料理本とは違うものが作れます。キャベツケーキとか。

子供にわかりやすい面白さのある漫画ではないので、息子にはどうかなと思っていましたが料理が好きなこともあって気に入ったようです。

 

うちは味噌と梅干しぐらいかな、手作りするのは。

余った大根を干してこのもんというお漬物を作ったりもします。

 

 

 

にほんブログ村 子育てブログ 小学校低学年の子(1、2、3年生)へ
にほんブログ村